Server」カテゴリーアーカイブ

Visual Studio CodeでPuPHPet(Vagrant)+Xdebug

Visual Studio Codeに乗り換えも考えている。
拡張で『PHP CS Fixer』が使える様子だし、他にもいい噂がモリモリ。
ただ使いこなせるかは別問題である。

PHP DebugをインストールすればもうXdebugは使える。
続きを読む

NetBeansでPuPHPet(Vagrant)+Selenium

『NetBeans+PuPHPet(Vagrant)+Selenium』企画第2段。
NetBeansで仮想環境にリモートデバッグの設定していく。
Xdebug → PHPUnit → Selenium
PHPUnitもSeleniumも同じ設定の様子だから、これにて終了!
続きを読む

NetBeansでPuPHPet(Vagrant)+Xdebug

Vagrantにより親(windows)と子(仮想環境:linux)という関係で開発をしているわけだが、そうなるとPHPインタプリタ他諸々が親(windows)には入っていない。
NetBeansでXdebugを使うにはちょっとした準備が必要になる。

『NetBeans+PuPHPet(Vagrant)+Selenium』企画第1段。
NetBeansで仮想環境にリモートデバッグの設定していく。
Xdebug → PHPUnit → Selenium(※最終目標)
続きを読む

PuPHPetでの設定メモ

サーバー構築は任せて開発に集中したい派の僕らの味方『PuPHPet』というVagrantパッケージ作成ツールが最近オススメ。

VagrantVirtualBoxなどの仮想化ソフトを利用して、仮想マシンの簡単な構築や複製ができるように仮想マシンを管理するためのコマンドラインツール。

XAMPPを長いこと愛用していたが、windowsとlinuxの差異が結構めんどくさいとこであったので、2015年あたりから開発環境を仮想環境に変えた。

一部困った部分をメモしておく
続きを読む

.htaccessでのdirectory指定について

.htaccessの設定について、噂と現実でどうにもわからないことがあるのでメモ。
解決したら追記する所存。

条件

仮想環境として下記の状態。
サイトURL:http://aaa.com
ルート:/var/aaa
制限対象directory:/var/aaa/bbb

制限対象のdirectoryだけをアクセス拒否にしたい。
『.htaccess』はルートに1つだけ置き、そこで全てを制御したい。(管理が手間だから一元化したい)
※本音複数directory指定したかったんだけど…
続きを読む

windowsXPでnode.js使う

まず使って見ることにしたわけだが、
素敵なサイト↓があったもので、node.jsを動かすのはそこを見ればわかる。
windowsXPローカル環境でnode.jsを動かす | みねラボ

ザックリ書くと

  1. 本家より『Windows Installer』を落としてインストール
  2. 本家でも使用ソースをgithubから落として設置。動かす。

簡単設置!!
だけど、インストールディレクトリに置かれると都合が悪いので、ちょっと弄る
続きを読む

node.jsとはナンスカ

前から気にはしていたnode.js。

イマイチ理解出来ずにいたが
クラウドWebサービス時代は GUNDAM (Github Ubuntu Node Dropbox AWS MongDB) だ!!
と言われてはやらないわけには行きますまい。

でも色々読んではいるけど、理解出来ないんスよ。
てことで 聞いてみた。
続きを読む