PHPでjsonをpostするAPI実行

API結果を取得するのに、『file_get_contents』だと、不安になるほど遅い…

jsonのPOSTも出来る『file_get_contents』。かなりご愛用。
しかし『SSL形式』は少し苦手の様子。

でも大概APIって『SSL形式』なので、もう「どっか間違えたかな?』と心配になるレベルで遅い!
そんなときは『cURL』がオススメ!

一度作って試すとわかるけど、笑えるほど早さに差が付く。

もし書き換える場合、どの程度書き換えるか比較するために下記に表示しておく。
自分のために!

例として送るjson内容は下記とする。

$url = "https://exp.com/api";
$params = array(
	"key" => "111",
	"text" => "テスト",
);
$params = json_encode($params); // json化
$header = array(
	"Content-Length: ".strlen($params),
	"Accept: application/json",
	"Content-Type: application/json",
);

file_get_contents版

とにかく重いけども

$context = array(
	"http" => array(
		"method"  => 'POST',
		"header"  => implode("\r\n", $header),
		"content" => $params
	)
);
$json_response = file_get_contents($url,false,stream_context_create($context));
print_r($json_response); // json結果
print_r($http_response_header); // header配列

cURL版

書く量は増えるけども、ぐっと早くなる。

$curl = curl_init($url);
$options = array(
	// HEADER
	CURLOPT_HTTPHEADER =>$header,
	// Method
	CURLOPT_POST => true, // POST
	// body
	CURLOPT_POSTFIELDS => $params,
	// 変数に保存。これがないと即時出力
	CURLOPT_RETURNTRANSFER => true,
	// header出力
	CURLOPT_HEADER => true, 
);

//set options
curl_setopt_array($curl, $options);

// 実行
$response = curl_exec($curl);

// ステータスコード取得
$code = curl_getinfo($curl, CURLINFO_HTTP_CODE);

// header & body 取得
$header_size = curl_getinfo($curl, CURLINFO_HEADER_SIZE); // ヘッダサイズ取得
$header = substr($response, 0, $header_size); // header切出
$header = array_filter(explode("\r\n",$header));
$json = substr($response, $header_size); // body切出

curl_close($curl);

print_r($json_response); // json結果
print_r($header); // header配列

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です