Vagrant関係メモ

Vagrant関係での困ったこととその対処方のメモ。

と言っても、基本相方にお願いしちゃってるから解決にあまり困ってない。
※逐一更新項目。

共有ディレクトリの変更

VirtualBoxで変えても変えても共有ディレクトリが変わらないと思ったら、vagrantの設定ファイルの方を変更が必要だったという話。
vagrantコマンドを実行するディレクトリにある『Vagrantfile』の下記の部分を書き換える

#  config.vm.synced_folder "PCのディレクトリ", "仮想環境内ディレクトリ", :mount_options => ["dmode=権限", "fmode=権限"]
# 例↓
  config.vm.synced_folder "d:/www", "/vagrant", :mount_options => ["dmode=777", "fmode=777"]

仮想環境にアクセスするIPアドレスを変更

『Vagrantfile』で下記を変えたいIPに変更する。
コメントアウトされていたら解放を忘れずに!

  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

外部読込させたjsやmp3がスーパーリロードしても更新されない

最初ブラウザのせいかと思って、metaでcacheを消したりしたが変わらず。
スーパーリロードしても変わらない時点でオカシイのだけど、念のため他のブラウザで確認したところ、同じキャッシュが残っていた。
そんな場合は自分のローカル環境が原因です。
apache自身がキャッシュ残すなんてことは、2015年初めて知ったんだ…

httpd.confに下記を追記して再起動で解決だそうで…

<Directory [対象のディレクトリ]>
EnableMMAP Off
EnableSendfile Off
</Directory>

※参照:VirtualBox - 静的ファイルがキャッシュされる(ブラウザキャッシュじゃない場合) - Qiita

PHPインストール済みなのに、PHP実行系bashが実行されない!

単純に作成者が意図したPHP実行パスと自分の環境のパスが違うことがあるよ。
perlとかPHP以外にもあり得る現象。
bashしたら/usr/local/bin/phpがNo suchなんですって

vagrantのboxを軽量化して作る

vagrant起動時の高速化とかして文章量増えたから、別ページに置いた
vagrant用のboxサイズを小さくしたい

公開:2015/5/20 @ 10:11
更新:2017/4/5 @ 15:24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です