Visual Studio CodeでPuPHPet(Vagrant)+Xdebug

Visual Studio Codeに乗り換えも考えている。
拡張で『PHP CS Fixer』が使える様子だし、他にもいい噂がモリモリ。
ただ使いこなせるかは別問題である。

PHP DebugをインストールすればもうXdebugは使える。

デバッグ設定

Visual Studio Codeにて、デバッグ対象プロジェクトのディレクトリを開く。
デバッグ画面をポチッと開き、歯車のマークをクリック。
初回はプルダウンが出るので『PHP』を選択すると『launch.json』が作成される。
内容に以下を追加する んだけど、基本上のだけでOK。

{
  "version": "0.2.0",
  "configurations": [
    //-- ここから
    {
        "name": "【xdebug等デバッグ設定の名称】",
        // nodeやmonoなどもあるらしい
        "type": "php",
         // 他にattachがあるらいい
        "request": "launch",
        "serverSourceRoot": "【仮想サーバー側のドキュメントルート】",
        "localSourceRoot": "${workspaceRoot}", 
        "port": 9000,
        "log": true
    },
    //-- ここまで
    //-- ここからchrome起動指定版
    {
        "name": "【remote website等デバッグ設定の名称】",
        "type": "chrome",
        "request": "launch",
        // Webサーバー上にあるデバッグ対象のURLを指定
        "url": "http://localhost/aaa/",
        // マッピングするローカルファイルが配置されているディレクトリを指定
        "webRoot": "${workspaceRoot}/",
        // ソースマップの有効・無効の指定(true/false)
        "sourceMaps": true
    },
    //-- ここまで
  ]
}

※1度『launch.json』を作ったら、あとは歯車のマークを押せば『launch.json』が出る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です