Use WP_HOME and WP_SITEURL in MultiSite

WordPressマルチサイトでも、開発環境と本番環境にて、完全に同じファイルを使うためのプラグイン。
自己責任でご使用ください。


download

インストール方法

Githubよりダウンロードし、/wp-content/plugins/ の中に入れてください。

動作対象

WordPress 5.0~
確認していないだけで、他でも動くかもしれない。

使い方

プラグインを有効にした後、プラグイン本体のディレクトリにある『sunrise.php』を、『wp-content』ディレクトリ直下に配置する。

下記のように『wp-config.php』に追記することで、自分で別ドメイン設定も可能。

define('WP_2_HOME',   'http://docker2.vagrant');
define('WP_2_SITEURL','http://docker2.vagrant');

※数字はブログID

開発環境の場合、下記が設定されるように『wp-config.php』に記載されるようにしておくことをオススメする。

define('LOCAL_FLAG', true);

※未設定の場合、自動的に『LOCAL_FLAG=false』設定されるので、問題はない。

その他、設定方法などは『WordPressマルチサイトでも、開発環境と本番環境にて、完全に同じファイルを使う方法』を、ご確認ください。

sunrise.phpの書き換え

※ここは任意項目であり、通常は不要。

開発環境(LOCAL_FLAG==true)のみ、プラグインを使うようになっている。
環境問わず使いたいのであれば、『』下記から『LOCAL_FLAG == true』を消してください。

if ( isPluginActive($plugin_name) && LOCAL_FLAG == true ) {

WordPress MU Domain Mappingというプラグインは、サイト情報(wp-site/wp-blog)にて『path』が『/』以外だと使えない。
なので、開発環境(LOCAL_FLAG==true)の場合、プラグインを無効化するように設定してある。

開発環境でも、ちゃんとドメイン直下だよって人は心配ないので、
『// wordpress-mu-domain-mapping (WordPress MU Domain Mapping)』関連の項目は

}elseif(isPluginActive($plugin_name) ){

if(isPluginActive($plugin_name) ){

として、元IF前部は消してしまってOK。

ただ、それをやるくらいなら、放置しておくといいと思っている。

コピーライト

作成の際、恐らく下記を参照にしたと思う。

※あちこち探索し過ぎて、確信が持ちきれていない。どうしてメモしなかったのか…。見つけ次第、追記する。

Follow me!