PHP4とMySQL4でのwordpress

レンタルサーバが必ずしも最新の状態とは限らない。

特にフリーサーバって個人の勉強で何かしたものが多いから、
その個人の管理者が忙しくなったらその状態で放置ってことが多々あって、
環境がよくなるのって早々なかったりする。

本音PHP4のサーバは避けたいトコロなんですけどねー
仕事で相手が『ここで!』と言うのであれば、こちらとしてはやらざるを得ない。

そこで最悪、PHP4、MySQL4の状態のサーバを借りた状態でのwordpressを設置するためのメモ。

PHP 4 と MySQL 4 のサポート停止のご案内』ということで、完全に宣言しているのは、2010年7月30日。
つまり一応3.2以前までのwordpressはPHP4とMySQL4を非対応とはしていない。
が細かく見ると下記みたいな感じ。

WordPress2.5~3.2 : PHPバージョン4.3以上
WordPress2.1~2.3 : PHPバージョン4.2以上

WordPress2.9~3.2 : MySQLバージョン4.1.2
WordPress2.1~2.8 :MySQLバージョン4.0以上

文字コードがMySQLで巧くいかないなーと思ったら、バージョン調整が必要。
その辺を踏まえてDLどうぞ

因みに3.2からは、PHP5.2以上、MySQL 5.0.15以上。

PHP5以上でないと使えない物

PDO (SQLite) For WordPress

ここで『SQLite対応のプラグイン』として使ってるけど、このプラグインてどっちかというと『PDO使うためのプラグイン』という認識のが正しいと思われる。
php4はPDO使えないので、これを適用するとMySQLも使えなってしまう。

Ktai Style (携帯対応プラグイン)

日本のいわゆるガラパゴスと言われる携帯に対応するためのプラグイン。
ずっと過去のバージョンは知らないが、ここ数年はPHP5でしか使えないような構造になっている。(constやprivateなど)
代わりにMobile Eye+Mobile Eye+ パッチを使うといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です