Subversion(SVN)」タグアーカイブ

TortoiseSVN・TortoiseGITでアイコンの表示対応

TortoiseSVNとTortoiseGITのアイコンが表示されなくなった。
PCを新しくしたからなのか、Windows 10になったからなのか、とにかく表示されない。
内容に差異があるのかないのか解らないので、大変不便。

探せば対応方法色々あれど、我がPCでは旨く行かなかったので、自分のPCではこうしたよ対応。
続きを読む

TortoiseSVNでwindowsのローカルにリポジトリを置く

windowsでは一番使いやすいってことで、TortoiseSVNを使っている。
そう私はコマンドがツライ…ツライのだ!!
万歳GUI!GUI!

インストールについては『TortoiseSVNのインストールと設定』あたりを読めば簡単。
日本語化の方法も書いてるから、慣れるまでは設定をオススメする。

さて本題。
windows環境において同じPC内にリポジトリを置いた際に、躓いたことをメモしておく。
続きを読む

WinSCPにてサーバUP時に除外する対象の指定方法

TortoiseSVNを使っている状況で、WinSCPにて一気にUPする際、どうにも『.svn』フォルダが邪魔くさい…
うっかり含めてUPしちゃって、長い時間かけてUPしたものを消すという悲しみがそこにある。

これが最近GIT使うようになって益々対象が増えた。ツラい。
エディターもワークスペースに何か作るようになった。ツラい。
『Thumbs.db』『.DS_Store』『desktop.ini』なんてGITに上げた奴誰だよ…ツライ…

イチイチコマゴマやってられない我々のために
サーバにUPする際、自動的に除外するファイル・フォルダを指定する設定があった!
続きを読む

Mercurialの無視リスト作成

以前、Subversionにおいて、共有で使用するTortoiseSVNと個人用にMercurialを共存させる方法について書いた。

コミットする際、お互いの更新情報を保持するフォルダ、つまり『.svn』と『.hg』が邪魔になる。
そんなときにする対処。

Mercurialの無視リストを作成する方法を、対象を特定して書いたと思ってくれて良い。
続きを読む

TortoiseSVNと共存出来るSVN Mercurial(hg)

修正をひたすらかました後、やっぱ元に戻してくれ
てなったときに便利なSubversion(以下SVN)。

SVN使うと.svnフォルダが作成される。
皆で使うSVNがあったら自分専用SVNが使えない。
同じフォルダで自分専用にもSVNの機能が欲しいんだよ!

そんなときに以下がオススメ
個人で簡単に使える分散バージョン管理ツール Mercurial

cygwinとコマンドプロンプト両方で使える。
pathは通しておいた方が便利。
続きを読む