WEB力を上げてアクセスアップしていこう!

webシステムを作るに当たって、SEOなどチェックする項目が多い。
Google等検索に、かからなくては勝負にならぬ。
このひっかかる力を、仮称『WEB力』とする。

このWEB力、高めて行くには、自分の不足成分を知りたいし、他のサイトを調べたい。
訪問客がどういう情報で来て、何をしたとか知りたい。

しかし、めんどくさい。
圧倒的にめんどくさいのだ!

なので、便利なツールは、どんどん使っていくのだ。
そして、できるだけ無料でよろしくお願いしたい。
機能が複数あるツールもあり、分類は結構曖昧なので、使ってみて判断してね!

自サイト・競合サイトの情報調査

キーワードやSEO情報などをチェック。

Ubersuggest
ドメインかキーワードを入力するとこうした方が良いという情報をくれる。
無料キーワード提案ツール。会員登録は必須ではない。
SimilarWeb
ウェブサイトのトラフィック統計とマーケットインテリジェンスを調査。
無料会員でも使えるが、有料会員よりかは機能が落ちる。
ランキングチェッカー
会員登録不要で無料で使える検索エンジン一括順位チェックツール。
自分サイトがキーワードで何位になるかを出してくれる。
aramakijake.jp
キーワード検索数、競合検索数予測チェックツール。
検索順位別に検索数を調べることができるキーワード検索数調査・予測ツール。

サジェストワードチェック

1つのキーワードに関連するキーワード『関連ワード』を出し、
その関連キーワードを含む掛け合わせワードが『サジェストワード』。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
Googleサジェストのみならず、Yahoo!知恵袋などからも関連情報の一覧を持ってきてくれる。
めんどくさがりの同士は、コレをとりあえず観ておけばいいと思う。
Google Ads キーワードプランナー
広告出す人向けのツールではあるが、広告を出しさえしなければ、無料で使えるツール。
グーグルサジェスト キーワード一括DLツール
Googleサジェストから検索ワード候補を一括ダウンロードしてくれる
goodkeyword
Google・Bing・Yahoo関連キーワードを持ってきてくれるツール
Free keyword research tool
分類無視の周辺ワード探す。youtubeからも探せて、ロングテールもあるので見逃せない。ただし英語サイト(日本語検索対応)。
無料で使えるが、無料会員登録を求められる。英語サイトで登録ツライ。
Keyword Tool: #1 Google Keyword Planner Alternative For SEO (FREE)
youtube、twitter、Instagramまで調査対象。英語サイト(日本語検索対応)。
詳しい数などの情報は、有料会員にならないと見ることができない。英語サイトで…
Moz Keyword Explorer
難易度まで取得することが可能。
無料会員登録しないと結果を得られない。

関連情報チェック

1つのキーワードに関する情報を探す。
ネタ作りにも良い。

OMUSUBI
キーワードの相関関係を確認出来る。視覚的に確認出来るので、理解しやすい
Google Correlate
キーワードとセットで検索しているキーワード、つまり『隠れ需要』を発掘する
残念ながら、使用率の低さから2019年12月15日に終了してしまう。
共起語検索ツール
「キーワードと合わせて使用される確率が高いワード」が出る。つまり求められている内容が解るので、書く文章の指標になる。
Yahoo!知恵袋
関連する悩みや求められている解答の方向性が分かる。
教えて!goo
知恵袋同様、関連する悩みや求められている解答の方向性が分かる。
Quora
「知識を共有し合い、世界を知ろう」というコンセプトのサイト。
関連する知識を得るには手っ取り早い。
Google トレンド
関連トレンドを知れる。比較が出来るのも便利。
cotoha.com トピックス
急浮上トレンドが調べやすい。今何を話題にするかの指標になる。
Yahoo!リアルタイム検索
Twitterをログインなしで検索出来る。

類語チェック

キーワード、書き方を変えて探されることがあるので、記事に書くとかタグを追加しておくのに使える。
同じ文を連続で書くと何ともいえない気持ちになる同士向け。

Weblio辞書
類語辞典。シソーラス(言い換えや別の言い方)・対義語を出してくれる。
日本語シソーラス
連想類語辞典。シソーラス(言い換えや別の言い方)を出してくれる。

アクセス解析分析

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)
サイトのGoogle検索エンジン登録を促進機能や、サイトのキーワード検索内容などを調査可能。
Google Analytics(グーグルアナリティクス)
設置をオススメされる有名所。
AIアナリスト
アクセス解析を自動で行う人工知能サイト分析サービス。無料プランがある。
無料ヒートマップ解析ツール User Heat
どこが読まれているか見えるアクセス解析。会員登録が必要。

無計画用

キーワード決めてないときに使う

shinobi未来瓦版
話題になりそうな有名人名を出す。トレンド情報を扱うなら要チェック。

ページ速度計測

2019年から速度が大事になった。
当サイトでも上げていこうと『Googleの低評価を避ける! 高速WordPressサイトにしよう!』で対応した方法を記載している。

PageSpeed Insights
表示までの速度、解決方法が表示される。
Chromeプラグイン『Lighthouse』を使うと情報が多くて、調べやすくてオススメ。
GTmetrix
何が原因なのか、どうしたら軽量化図れるかが解る。上記プラグイン使わず、詳細知りたいならココ。
Testmysite
ドメイン(サブドメイン)を指定すると、表示速度や最適化の方法をアドバイスしてくれる。
自分のサブドメインだど判別してくれなかったので、相性もあるかも知れない。
Pingdom Website Speed Test
読み込み速度計測以外にもページ容量などの分析。ただし英語だ!
Site24x7 Tools
都市などロケーションを選択して計測できる。日本語対応。
Web担当者Forum:どこが遅いか調査ブックマークレット
表示されたWebサイトのどこが遅いかを一発で調べるブックマークレット。ブラウザのブックマークに登録し、呼び出すだけで使えて便利。

有料でもいいから、とにかく手間を省きたい!

なんかもう分析する時間もないし、めんどくさいので、とにかく具体的にアドバイス内容がほしいなら、有料サービスがオススメ。

圧倒的に使いやすいSEOツール【パスカル】
競合サイトの流入キーワードを分析。競合ページをリアルタムに収集・分析。お宝キーワード検出。SEO分析・対応。
無料体験版があるので、少し上級者向けではあるが、申し込んでみるも手。
DemandSphere
無料トライアルがあるので、試してみるのも有り。

SEOだけではない! MEOで上げていく!

SEOではなく別の方法でもWEB力を上げる方法が存在した。
googleマップにお店の情報を載せて広告するサービスである『MEO』である。
マップに掲載するだけあって、残念ながら無料とは行かない様子…。

MEO(googleマップにお店の情報を載せる)ためのサービス。アクセス数は関係なく固定額。
検索結果がどれくらいの頻度か、ランクかなどを調査してくれる

コメント

タイトルとURLをコピーしました