laradockのNginxでwebポート増やす

これまでmacとの共同作業する前提の都合上、仮想環境で80、host側で800に設定することを記載した。
その際の設定内容についてはここ

だが、仮想環境とhost側でポートが違うことにより都合が悪いときがある。

例えばwordpress。
こっちで:800付きでURL設定しているのなんて何のその!
内部でご丁寧に80だからとポート番号を消してリダイレクトしてくれます。
憎い!

なので、仮想環境とhost側でポートを同じにしたものを用意することにする。
因みにlaradock用というだけあってlaradockは問題ない。

info
Windows 10 home
Docker version 18.03.0-ce, build 0520e24302 (docker --version)
Laradock(git rev-parse HEAD) 913abc54f9edde865a1d6de8a03b38098593ebfb

laradock/docker-compose.ymlに追記

.envではどうにも出来ない。
svn管理対象のファイルを編集することになるので、自己責任で。

      ports:
        - "${NGINX_HOST_HTTP_PORT}:80"
        - "888:888"
        - "${NGINX_HOST_HTTPS_PORT}:443"

laradock/nginx/sites/xxx.conf用意

単純にポートを80から888に変更したファイルを用意する。
基本は型にならってポート指定だけを下記のように書き換える感じ。

    listen 888;
    listen [::]:888;

もちろんhostsファイルの書き換えも忘れずに
今回は仮に『dev.laravel.local』を設定する。

ポート設定

『Virtual Box』→『default』→『ネットワーク』→『アダプター』→『ポートフォワーディング』の先で追加する。

ホストポート:888
ゲストポート:888

上記で設定したNGINX_HOST_HTTP_PORTの値とゲストポートの値を合わせること

これでNignx『http://dev.laravel.local:888』にアクセス出来、wordpressでリダイレクトされても問題ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました