Server」タグアーカイブ

laradockのNginxでwebポート増やす

これまでmacとの共同作業する前提の都合上、仮想環境で80、host側で800に設定することを記載した。
その際の設定内容についてはここ

だが、仮想環境とhost側でポートが違うことにより都合が悪いときがある。

例えばwordpress。
こっちで:800付きでURL設定しているのなんて何のその!
内部でご丁寧に80だからとポート番号を消してリダイレクトしてくれます。
憎い!

なので、仮想環境とhost側でポートを同じにしたものを用意することにする。
因みにlaradock用というだけあってlaradockは問題ない。
続きを読む

mod_rewriteの置き換えURLをチェックする

Apacheのmod_rewriteを使って、URLを変換していると、どうにも巧く動かないときがある。
想定と違う動き(404とか)していても、一体どう変わっていて失敗しているのかが全然解らない…そんなレベルのときもある。

そんなとき、何がどう書き変わったのかリダイレクトを記録したログで確認出来る。
※これはapache2.4以降の話。それ以前では別の設定と確認方法なので注意!
続きを読む

Visual Studio CodeでPuPHPet(Vagrant)+Xdebug

Visual Studio Codeに乗り換えも考えている。
拡張で『PHP CS Fixer』が使える様子だし、他にもいい噂がモリモリ。
ただ使いこなせるかは別問題である。

PHP DebugをインストールすればもうXdebugは使える。
続きを読む

NetBeansでPuPHPet(Vagrant)+Selenium

『NetBeans+PuPHPet(Vagrant)+Selenium』企画第2段。
NetBeansで仮想環境にリモートデバッグの設定していく。
Xdebug → PHPUnit → Selenium
PHPUnitもSeleniumも同じ設定の様子だから、これにて終了!
続きを読む

NetBeansでPuPHPet(Vagrant)+Xdebug

Vagrantにより親(windows)と子(仮想環境:linux)という関係で開発をしているわけだが、そうなるとPHPインタプリタ他諸々が親(windows)には入っていない。
NetBeansでXdebugを使うにはちょっとした準備が必要になる。

『NetBeans+PuPHPet(Vagrant)+Selenium』企画第1段。
NetBeansで仮想環境にリモートデバッグの設定していく。
Xdebug → PHPUnit → Selenium(※最終目標)
続きを読む

PuPHPetでの設定メモ

サーバー構築は任せて開発に集中したい派の僕らの味方『PuPHPet』というVagrantパッケージ作成ツールが最近オススメ。

VagrantVirtualBoxなどの仮想化ソフトを利用して、仮想マシンの簡単な構築や複製ができるように仮想マシンを管理するためのコマンドラインツール。
基本的にはvagrantなので、そっちは『Vagrant関係メモ』を参照してほしい。

XAMPPを長いこと愛用していたが、windowsとlinuxの差異が結構めんどくさいとこであったので、2015年あたりから開発環境を仮想環境に変えた。

一部困った部分をメモしておく
続きを読む

WindowsでNode.jsから仮想環境作ってみる

年数経ち、色々変わったので、ほぼほぼ書き換えている2019年。

インストール

ざっくり動かすまでの方法書くと、『本家』から、Windowsのbitの合ってるものをDLして、インストールで完了。
アップデートは手動だけどね。
余談だけど『nullivex/nodist』を使うとバージョン管理に便利らしいよ。
インストーラーの方で『npm』が入っているから、とりあえずは困らないので、当方は使っておらぬ。

解りやすい説明サイトがあったから、ここ参照したらいいんじゃないですかね?
Windows上でNode.jsを実行してHello worldをブラウザに表示する方法 - Qiita
続きを読む

接続状況・容量が厳しい無料サーバーにWordPressを使う

無料レンタルサーバは、無料で気軽に使えるのはいいのだが、環境状況が結構な問題だったりする。
『容量する少ない』のはあるあるとして、『接続時間が短くすぐタイムリミット』だの悪環境。

今回は『ぶっとびねっと(buttobi.net)』を使う。
このぶっとびねっとは一定の負荷がかかると『High load CGI detected.』と出て処理を停止。
このボーダーがかなり低い。

インストール・使用共に、このネックになってくる。
公式には使えるって書いてるんだけども…嘘だろってレベル。

使うための手順を記載しておく。
※2012年現在の状況。自己責任でどうぞ。
続きを読む