PuPHPet」タグアーカイブ

ローカルサーバを立ててくれる便利な子!

Visual Studio CodeでPuPHPet(Vagrant)+Xdebug

Visual Studio Codeに乗り換えも考えている。
拡張で『PHP CS Fixer』が使える様子だし、他にもいい噂がモリモリ。
ただ使いこなせるかは別問題である。

PHP DebugをインストールすればもうXdebugは使える。
続きを読む

NetBeansでPuPHPet(Vagrant)+Selenium

『NetBeans+PuPHPet(Vagrant)+Selenium』企画第2段。
NetBeansで仮想環境にリモートデバッグの設定していく。
Xdebug → PHPUnit → Selenium
PHPUnitもSeleniumも同じ設定の様子だから、これにて終了!
続きを読む

NetBeansでPuPHPet(Vagrant)+Xdebug

Vagrantにより親(windows)と子(仮想環境:linux)という関係で開発をしているわけだが、そうなるとPHPインタプリタ他諸々が親(windows)には入っていない。
NetBeansでXdebugを使うにはちょっとした準備が必要になる。

『NetBeans+PuPHPet(Vagrant)+Selenium』企画第1段。
NetBeansで仮想環境にリモートデバッグの設定していく。
Xdebug → PHPUnit → Selenium(※最終目標)
続きを読む

PuPHPetでの設定メモ

サーバー構築は任せて開発に集中したい派の僕らの味方『PuPHPet』というVagrantパッケージ作成ツールが最近オススメ。

VagrantVirtualBoxなどの仮想化ソフトを利用して、仮想マシンの簡単な構築や複製ができるように仮想マシンを管理するためのコマンドラインツール。

XAMPPを長いこと愛用していたが、windowsとlinuxの差異が結構めんどくさいとこであったので、2015年あたりから開発環境を仮想環境に変えた。

一部困った部分をメモしておく
続きを読む