PuPHPetでの設定メモ

サーバー構築は任せて開発に集中したい派の僕らの味方『PuPHPet』というVagrantパッケージ作成ツールが最近オススメ。

VagrantVirtualBoxなどの仮想化ソフトを利用して、仮想マシンの簡単な構築や複製ができるように仮想マシンを管理するためのコマンドラインツール。

XAMPPを長いこと愛用していたが、windowsとlinuxの差異が結構めんどくさいとこであったので、2015年あたりから開発環境を仮想環境に変えた。

一部困った部分をメモしておく

インストール

  1. PuPHPetで自分の思うがままに選んで行けば設定を完了したzipをDLさせてくれる。 ※英語だよ!
  2. それをローカルのコマンドで指定し易い場所に解凍
  3. コマンドプロンプト(自分はGit Bashを使用)を起動して、先程置いた場所に移動(cd)
  4. 『vagrant up』でローカルサーバが構築される ※初回は結構時間がかかる!

※PuPHPetの設定画面はよく変わるから手順は勘でやっては消してすればいい

最低限覚えておくコマンド

  1. 『vagrant up』起動
  2. 『vagrant halt』でローカルサーバが構築される ※時間がかかるよ!
  3. 『vagrant up』でローカルサーバが構築される ※時間がかかるよ!

※これだけ覚えておけばとりあえず支障はない

環境が作り直せない

VirtualBoxを起動すると、puphpet/config.yamlの
vagrantfile: vm: provider: local: machines: hostname:
で設定した名前のサーバを消す。

puphpet/config.yamlの変更が反映されない

VirtualBoxを起動すると、puphpet/config.yamlの
vagrantfile: vm: provider: local: machines: hostname:
で設定した名前のサーバを消すのが手っ取り早い。
他にも方法があるかも知れないけど知らない。

複製を作りたい

フォルダを複製しただけでは、同じものを起動するだけになる。
puphpet/config.yamlの下記の部分を書き換える。

vagrantfile:
    vm:
        provider:
            local:
                machines:
                        id: 【※書き換える1】
                        hostname: 【※書き換える2】

※上記一部省略

バーチャルホストを使用する

puphpet/config.yamlの
machines: network: private_network:に指定したIPを【指定IP】
vhosts: server_name: と vhosts: server_aliases: に指定したURLを【指定URL】
『hosts』に

【指定IP】    【指定URL】

と追記する。
vhostの数だけ作るのが必要。
※machines:を増やしても無駄ぞ、vhosts:ぞ

ユーザ名/パスワードでログインしたい

いちいち公開鍵ログインするのはメンドクサイ。
かといえ、作り直す度に設定するのもメンドクサイ。
そんな人はシェルを置こうぜ!
『puphpet/files/exec-preprovision』に『passwd.sh』※仮名

#!/bin/sh
echo "vagrant:【変更するパスワード】"|chpasswd

※相方が作ってくれたよ、ありがてえ
※『シェルスクリプトでパスワードを変更する - システム開発メモ』を参照した様子

config.yamlの設定でinstallの種類を増やす

puppet module install 【モジュール名】

で色々増やせるらしい。※試したことはない
phpMyadminのプロジェクトとかある。
モジュールを増やせる旨マニュアルも見つかるけど、英語である…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です