CDNを使ってjavascriptライブラリを呼び出す方法

jQueryとかjavascriptライブラリをバージョン毎の管理がめんどくさいとか
本体のアクセス数のために総アクセス数を節約したとか
そんな人はCDNを使うと便利なのです。

インターネット経由して使うのだから『オフラインだと使えない』というのは当然あるけれども、
『URLすら知られたくないほど完全非公開』とかでもなければ、使っておいて損はないと思う。

使い方は通常と同じで、srcを自サーバからCDN対象に変えるだけ。

他にも色々種類にもあるので、今回記載したなかに自分が使いたいものがない場合には、探してみたらよろしいかと。
自分が安心して使える有名所だけ書いたけど、探せば、他にもあるかと思われる。
ただし!説明は大概英語だ!頑張れ!

Google Hosted Libraries(Google AJAX Libraries API)

安定していて基本的に安心だが、ユーザが少なかったりしたらサービス辞めることがあるから油断ならない。
昔は『google.load()』という呼び出し方が使えたが、対応バージョン等に制限があるため、ここでは記載しない。

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.4.4/jquery.min.js" type="text/javascript"></script>

下記のように書いてないけどあるものもある。

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/angularjs/1.3.8/angular.min.js"></script>

Microsoft Ajax Content Delivery Network

Microsoftは数年単位で長いこと、OSSを応援しているから安心。

<script src="http://ajax.microsoft.com/ajax/jquery/jquery-1.4.4.min.js" type="text/javascript"></script>

cdnjs.com

ものすごく大量のJSライブラリがまとめられたCDN。
Backbone.jsやUnderscore.jsもあるし、何より探しやすい。
2019年の時点でもう5年以上公開し続けているので安心して使えるとは思う。

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/backbone.js/1.4.0/backbone-min.js"></script>

UNPKG

ものすごく大量のJSライブラリがまとめられたCDN。
Angular2もあるとのこと。使ったことはないけどね。

<script src="https://unpkg.com/react@16.7.0/umd/react.production.min.js"></script>

公式サイト

自分が公開している限りは公開してくれるであろうCDN。
バージョンも豊富にあり、常に最新版を使う方法があったりもする。
動きや命令文が変わったりするので、公開するものにはバージョン指定して呼び出した方がいいので、ここでは指定したものだけ記載。

jQuery CDN

<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.4.4.min.js" type="text/javascript"></script>

React

<script crossorigin src="https://unpkg.com/react@16/umd/react.production.min.js"></script>
<script crossorigin src="https://unpkg.com/react-dom@16/umd/react-dom.production.min.js"></script>

Vue.js

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue@2.6.10/dist/vue.js"></script>

コメント

タイトルとURLをコピーしました