NetBeansでPuPHPet(Vagrant)+Selenium

『NetBeans+PuPHPet(Vagrant)+Selenium』企画第2段。
NetBeansで仮想環境にリモートデバッグの設定していく。
Xdebug → PHPUnit → Selenium
PHPUnitもSeleniumも同じ設定の様子だから、これにて終了!

色々『カスタムPHPUnitスクリプト』を指定しても、なかなか上手く動かなくて面倒くさくなったので、一番簡単な方法を書いておく。

composer

共通で使うのでプロジェクト内で無い方がいいかもしれない。
composer.json

    "require-dev": {
        "phpunit/phpunit": "*",
        "phpunit/phpunit-skeleton-generator": "*"
    }

※本番環境には不要なので『require』ではなく『require-dev』

NetBeans

新規プロジェクトにて

  • プロジェクトを選択:PHP → リモート・サーバからのPHPアプリケーション
  • リモート接続:リモート接続はここ参照。設定済ならプルダウンで選べる。

他はいつもどおりで大丈夫。
※既にプロジェクトを作っていたらプロジェクトのプロパティから修正可能

起動したら
NetBeansメニュー → ツール → オプション → PHP → フレームワークおよびツール にて
先程composerでインストールしたものを指定

  • PHPUnitスクリプト:~\vendor\phpunit\phpunit\phpunit
  • スケルトン・ジェネレーター・スクリプト:~\vendor\phpunit\phpunit-skeleton-generator\phpunit-skelgen

プロジェクトを右クリック → プロパティ → 実行構成 にて
『ファイルのアップロード』を『手動』にする

プロジェクトを右クリック → プロパティ → テスト にて
『PHPUnit』にチェックを入れる

テスト対象ファイルを右クリック → ツール → テストの作成/更新 にて
テストファイルを作成するディレクトリを選択し
フレームワークを『Selenium』『PHPUnit』を選択する。
すると基本的には『元のファイル名Test.php』というファイルが出来る。

まぁ『Selenium』を選択したら
『PHPUnit_Framework_TestCase』て書いてあるファイルが作られるわけだから、PHPUnit含まれて
いるのでしょうな。

ここから先、windowsで確実に出来る人様、情報募集中!
自分は諦めてwindows側にphp.exeを入れることにしたよ!!

PHPUnitカスタムスクリプトに他サイトから持ってきたものをmac仕様からwin用に書き換えたり、新しく作成したり、いっそPHP5インタプリタ用にシェル作ってを登録してみたり、何だり諸々色々試した結果、失敗続きで半月「あ、これ無駄だな…」て思った。

もう正しい動きが何かも解らぬまま、ただたたNetBeansにWindowsのアプリケーションじゃねえとか叩かれて、心が折れたのさ!

PHPインタプリタ指定しないと『PHP CS FixerをNetBeansで使用する方法』も使えないしさ、何か色々本末転倒な日々を過ごしてしまった…。

まぁ、ネットワーク系とか出来る人は下記を参照にやってみるといいです。
Vagrant環境下におけるブラウザテストについて(Chrome編) | hifive開発者ブログ

でもこれだけはそのうちやろうと思っているというメモ
Selenium Remote Control でブラウザを開かずにテストを実行する方法: もんきち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です